実力があったのにどうして!? 活動休止、解散してしまった音楽グループ特集

問題起こしたこうなります

EE JUMPとして活動していた後藤祐樹

実力やヒットした、どうこうの以前に反社会的な活動はそれだけで芸能人生に大きなヒビをもたらします。例え大手事務所に所属していようと、未成年であれば喫煙や飲酒などをしていることが判明すれば追放され、二度と芸能界に復帰できなくなるという状態に追い込まれることもある。よく言われているのがジャニーズJr.が挙げられる、調べると出てくる情報は本当にえげつない。しかもこの中には上述に紹介したSPEEDを解散に追い込んだとも言われ、島袋さんと熱愛をしていたと言われる人もいたという。彼もまた未成年で、しかも道端で歩きタバコをしている姿がキャッチされるなど、自分がどういう立場にいるのか理解していないのかと、そう問いたくなるようなケースだ。

華やかな世界に憧れて入っても、実際には息が詰まるほどの労働によりストレスを感じるのかもしれませんが、そういう点では芸能界もある意味ブラック企業並みなのかもしれません。そう思えばFolderやSPEEDといった未成年が芸能界に進出して、忙しさと現実の労働者会の窮屈さに嫌気が差してしまうのも理解できる気がします。このグループについてもそうだ、最初はやはり話題性が高く、今後デビューすること間違い無しとみなされていた『EE JUMP』。かつてモーニング娘。で不動の人気を獲得し、今ではとても子持ちとは思えない美人過ぎるママタレなのにオタクという、完璧すぎるタレント後藤真希さんの弟である『後藤祐樹』さんが所属していた。そして彼と共に組んでいたのがタレントのソニンさんで、当時は彼によって翻弄されて気付けば苦労人という肩書があったほど別の意味で有名になっていきます。

仕事からの脱走

キャッチコピーと話題性だけなら抜群だったが、売れるかどうかはまだ分からなかったために彼らを発掘した事務所社長はなんとしても売り出したかったと言われています。そのため、新人ながら異例過ぎる育成を施していきその将来を期待させる逸材へと進化させるべく、様々な取り組みを行っていきます。例として、

  • 表参道駅と神宮球場間の往復ランニング
  • 禅寺での修行
  • 体力づくりを兼ねた登山

といったことを課していたという。

何処の格闘漫画の世界にありそうなトレーニングですかと、何ですか、最終的には鬼と呼ばれる地上最強の生物を倒すために目指す息子の話ですか、そう言いたい。これがどうして芸能人として売れることに繋がるのかは不明ですが、その兆しを3rdシングルで掴むことが出来ます。

足場を固めて順調にスタートを切り出せたと思いましたが、次回作として発表されたシングルの営業をしている際に、後藤祐樹さんが自宅に帰りたいと言ってそのまま仕事から逃走してしまったのです。これが全ての火種となり、最終的にグループの事実上解散にまで追い込まれてしまった。

復帰するも、次に発覚したのは

後藤祐樹さんの脱走により、ソニンさんは1人で営業をすることとなり、更に謹慎処分をしている際にはテレビで1人寂しく歌うというある種の公開処刑がなされた。特別ファンではなかったが、そのテレビを見ているとき、無性に同情したくなったのは筆者だけではないと信じたい。言ってしまえばソニンさんは真面目に活動していたのに、後藤祐樹さんのせいで全てが台無しになったと言える。謹慎処分から復帰し、芸能人生がまた始まろうとしましたが間の悪いことにさらなる事実が発覚した。

それはジャニーズJr.に所属していたアイドルとともにキャバクラに出入りし、飲酒と喫煙をするという前代未聞の行動が明らかになった、ちなみにこの時まだ中学卒業したばかりとはいえ、法律上問題があるのは言うまでもない。これにより完全に事務所から解雇・追放されてしまい、彼の芸能人生は終焉してしまうのだった。全体的に見ればソニンさんが可哀想すぎるだろうと、当時を知る人なら彼女を哀れんだと思います。

一般人になってからも

その後一般人になった後藤祐樹さんは仕事をして結婚をし、子供ももうけることになりますが、それでも彼自身の悪態が治ることはありませんでした。それまで悪友と行っていた窃盗行為が露見し、仲間が逮捕されたことから自首をして逮捕・起訴されるという事態になってしまいます。これには姉の後藤真希さんにも影響を及ぼし、更にその後には母の自殺という事態まで起こるという、彼の責任ではないにしても、不幸の連続をある意味では襲うことになった。

書籍出版も

2012年に仮出所後、公の場に登場して書籍を出版した。自叙伝として発売されたそこに記された内容にはこれまでの事を彼の視点で描かれているものの、それでどうということはない。結果論から言えば、社会からすれば仕事を無断で逃げ出したこと、未成年者であることを自覚していない行動、さらに金銭目的とした窃盗事件を起こした犯罪行為、これらを考えれば彼の転落は自業自得としか言いようが無い。